同窓会役員選挙のお知らせとお願い

評議員選挙投票について

2015年11月5日

会報21号に同封の被選挙人名簿の中から評議員に相応しい同期生を2名選び、
必ず同封の投票用ハガキに記入し、投函して下さい。

締切:11月30日(当日消印有効)

投票結果は、2月下旬までに、当選者(新評議員)に通知致します。

※同窓会役員選挙の被選挙権及び選挙権は、会員の方のみ有します。
非会員の方へは、評議員選挙被選挙人名簿と投票用ハガキを同封しておりませんのでご了承下さい。

※9月10日の名簿データを元に作成致しております。
9月10日時点で宛先不明者だった方は今回の選挙権、及び被選挙権はありませんのでご了承下さい。

 

評議員選挙 投票方法

 

  1. 会報21号に同封の被選挙人名簿をひらく
  2. 被選挙人名簿の中から、評議員にふさわしい方を2名選ぶ
  3. 会報21号に同封の評議員選挙投票用ハガキにあなたの期を記入する
    (あなたの期は同封の同窓会管理情報に記載されています)
  4. ハガキに (2) で選んだ2名の氏名(旧姓ではなく現在の氏名)を記入する
    ※差出人(あなた)の住所、氏名を書く必要はありません
  5. ハガキを投函する(11月30日消印まで有効)
    ※切手を貼る必要はありません
    ※FAX、メールでは投票できません

詳しくは「同窓会だより」本誌「同窓会役員選挙のお知らせとお願い」をご覧ください。

 

注意事項

  • 被選挙人は9月10日現在の会員名簿をもとに作成しております。9月10日時点で、会員以外の同窓生(非会員)の方は含まれておりません。
  • 被選挙人名簿は、掲載住所を元に作成しておりますので、現住所とは異なる場合があります。
  • 東京都内在住者は、被選挙人名簿の在住地が空白になっています。
  • 現在の評議員は、別冊に掲載されています。
  • 非会員の方へは評議員選挙投票用ハガキを同封しておりません。

 

 

会長選挙について

今回の選挙で選出された新評議員による予備評議員会を3月(予定)に行い、会長選挙及び副会長、理事、監事の選挙を行います。

次期同窓会会長の立候補及び推薦を1月6日から2月15日(必着)に受けますので、会長に立候補される方、或いは推薦される方は同窓会事務局宛にその旨を書面で郵送して下さい。

会長の選任については、同窓会選挙規定をご参照ください。

 

同窓会会員の皆様

選挙管理委員会

平素より同窓会の活動にご理解とご協力頂き、厚く御礼申し上げます。

同窓会の活発な運営と発展には皆様の協力が不可欠です。特に評議員会は、会員の希望や意見などが直接反映される大事な会議体であり、評議員会での議を経て理事会が予算を伴う重要な企画を決定、事業を実施しています。

この度、評議員の任期(2016年3月末まで)満了に伴い、次期評議員選挙(任期は2016年4月~2019年3月末まで)が、10月から11月にかけて実施されます。近年、同窓会の活動が活発化し、注目される中、評議員選挙の投票率も目覚ましく上がってまいりましたが、未だ目標には及びません。出来る限り多くの方の投票をお願い致します。

評議員は同期生から2名選びますが、評議員の中には遠距離或いは仕事の都合により、評議員会への出席が困難な方もいるため、その期の意見が充分に反映されません。その点を充分に考慮して、評議員会への出席が可能で、同窓会に積極的に参加できる同期生をお選び下さい。

※海外在住者は「海外」連絡先不明者及び掲載拒否は「不明」と在住地欄に記載してあります。

ページトップへ